Excelを用いた最小二乗法


1.グラフの作成(例に使った数字は出鱈目なものです)

1)表の作成

   自分のデータをExcelに入力する.この時,各列のタイトルを入れておくとよい.



2)必要なセルをドラッグする.ctrlキーを押しながら行うと,必要なセルだけ選択できる.



3)グラフウィザードをクリックする


4)「散布図」で形式が線でつながないアイコンにする.次を2回クリック.



5)「グラフウィザード3/4」で,グラフタイトル,X/数字軸,Y/数字軸を必要に応じて修正する.入力したら「次へ」をクリック.



6)「グラフウィザード4/4」でグラフの作成場所を選んで(通常そのまま),「完了」をクリックする.



7)シートの適当な場所にグラフが出来る.


 

 

2.最小二乗法による解析
1)グラフを選択する(1.7の状態)
2)「グラフ」メニューで,「近似曲線の追加」を選択


3)「線形近似」をクリックして選択し,OKをクリックする.



4)近似曲線が書かれる.



5)グラフ中の近似曲線(ここでは直線)をダブルクリックする



6)「近似曲線の書式設定」の「オプション」をクリックし,
・グラフに数式を表示する
・グラフにR-2乗値を表示する
の2つをチェックして,「OK」をクリック.


7)近似曲線が表示される


8)数式をダブルクリックし,表示形式→数値→小数点以下の桁数 を適当に設定して下さい.



9)下記のようになります.



10)一連の入力,計算結果は,「保存」でフロッピーか自分のドライブに保存してください.また,「印刷」で印刷して見て下さい.